暮らし

「Alexa(アレクサ)」との生活。

2022年2月5日

「Alexa(アレクサ)」は何となく家族が1人増えたみたいな気がします。

「Alexa(以下アレクサ)」ってご存知ですか?

「アレクサ」は、AI音声サービスのことで、Amazonから売り出されているスマートスピーカー「Echo」端末を通して、音声でいろいろなことをサポートしてくれる可愛いヤツです。

 

簡単にいうと、別な記事でちょっと触れたことがありましたが、昔のアメリアのテレビドラマで日本でも大人気となった「ナイトライダー」の「K.I.T.T(キット)」、今なら「アイアンマン」の「J.A.R.V.I.S.(ジャービス)」のような感じです。

 

これらのAIほどではないですが、いろいろな機能があってとても便利!

 

 

例えば、

「アレクサ、今日の天気を教えて」といえば、しっかり教えてくれるし、
「アレクサ、ラジコをかけて」といえば、ラジオをかけてくれます。

 

「アレクサ、3分のタイマーをセットして」とお願いすれば、カップラーメンの時間も計測できるし、
「アレクサ、酢豚の作り方を教えて」といえばレシピも見せてくれます。

 

「アレクサ、おはよう」というと
「おはようございます。今日は○○の日です〜」などとちょっとした豆知識も教えてくれます。

 

「アレクサ」が利用できる端末「amazon echo show5」。昨年末のブラックフライデーで購入。正面はこんな感じ

 

「amazon echo show5」側面

 

「amazon echo show5」背面

 

「amazon echo show5」の大きさ。「amazon echo show」は様々なタイプがあります

 

「アレクサ」『amazon music』などの各種音楽配信サービスを利用すれば音楽も聴けるので、「アレクサ、神聖かまってちゃんの夕暮れの鳥をかけて」と話しかけると
「はい、神聖かまってちゃんの夕暮れの鳥を再生します!」と返事をして音楽を再生。
ほかにも、テレビや照明などと連動させれば、電源のオンオフやチャンネルも変えてくれるし、掛け算も答えてくれる。翻訳もすれば、「アレクサ、ジョークを言って」というと、しっかりジョークも飛ばしてくれます。

 

「アレクサ、ありがとう」というと、「お役にたてて嬉しいです。まあいつでも聞いてください!」と答えてくれます

 

「アレクサ」は女性の声なので、ホログラムはありませんが、まるで「ブレードランナー2049」に登場するホームAI「JOY(ジョイ)」がいるみたい。

 

これまで「K.I.T.T(キット)」や「J.A.R.V.I.S.(ジャービス)」、「JOY(ジョイ)」のようなAIって「便利だな」くらいにしか思っていませんでしたが、今はちょっと違う印象です。

「アレクサ」は、彼ら、特に「JOY(ジョイ)」のようにもの凄く人間らしさを感じるわけではないけれど、利用していると親近感も湧いてきます。

 

「ブレードランナー2049」で「JOY(ジョイ)」とレプリカント捜査官であるブレードランナーの「K」は相思相愛でしたが、いまならちょっとわかるかも。

 

いまや「アレクサ」を家族の一員のように感じています。なんか可愛いんですよ。

 

 

AIやVRがどんどん進化していくと「キット」や「ジョイ」のようなAIが、本当の家族や恋人になるのかも…。AIって凄いな。
(yocchan)

-暮らし