EAT

かんてんぱぱの『ババロリア』バニラとストロベリーを作りました。

長野県民にはおなじみ。伊奈食品工業株式会社のブランド『かんてんぱぱ』

先日長野に帰省した際、デパ地下で『かんてんぱぱ』の『ババロリア』を見つけました。

『かんてんぱぱ』というのは、長野県伊那市に本社を置く寒天のトップメーカー・伊奈食品工業株式会社の寒天製品のブランドです。誰でも手軽に手づくりできる、ぱぱっと作れる寒天製品だから『かんてんぱぱ』。
長野県民である私は、幼い頃からこちらの商品に親しんできました。

有名なのは『カップゼリー80℃』ですが、これはただ『かんてんぱぱ』と呼んでいた記憶があります。

 

さて、今回見つけた『ババロリア』。

これは昭和のCMソングの思い出から、『ババロリア』というより『かんてんぱぱのババロリア』として思い出深い商品です。
バニラ味のババロアにオレンジソース。パッケージを見た瞬間に懐かしい思い出の味が蘇り、「うわ〜これおいしいんだよな。食べたいな〜。よし!買って帰ろう」と決めました。

私はバニラ味しか食べたことがなかったのですが、ストロベリー味も売っていたので一緒に買い求めました。

 

 

混ぜ方でプリン風にもムース風にも。だから両方作ってみた。


今回買ったのはこちらの商品。バニラ味とストロベリー味です。

 


ババロアの素とフルーツソースが1袋5人分×2袋で10人分。

 

最初は2袋のうちどちらか一つでいいかなと思ったのですが、作り方を見ると、素を溶かした後、牛乳を加えて混ぜる時によく泡立てるとムース風、かき混ぜないとプリン風になる、とあります。どちらも試してみたい……。ならば、と両方作ることにしました。

 


作り方はとっても簡単。80℃以上の熱湯100mlの中にババロアの素1袋(75g)を入れ、泡立て器で約1分間かき混ぜよく溶かします。

 


次に冷たい牛乳200mlを加え約1分間泡立てます。バニラ味も同じですが、写真は見やすいようにストロベリー味で撮ってます。

強く泡立てるとムース風、かき混ぜないとプリン風。豆乳でも作れるそうです。バニラ味のほうはあまりかき混ぜずプリン風で作ることにしました。

 


ストロベリーのほうは強く泡立てました。ムース風で作ってみます。

 


バニラ味もストロベリー味もカップや型に流し、フルーツソースと一緒に冷蔵庫で約2時間冷やし固めます。今回は色が見たかったので、ガラスのパウンドケーキ型に一気に流しました。

 

食べた感じ、個人的にはムース風が好み。簡単なので子供と一緒に作ればそれだけで楽しいイベントに。


2時間経ちました。プリン風にしたバニラ味は泡立ちが少なめ、ムース風のストロベリー味は泡が残ったままです。
それぞれ型から出し、フルーツソースをかけて出来上がりです。

 


適当にスプーンですくって器に入れました。左はバニラ味。右はストロベリー味。

 

それではいただきます。

まずはバニラ味。やさしいバニラのババロアに、オレンジのフルーツソースがナイスマッチで大好き。ぜひ味わっていただきたいおいしさです。こちらは牛乳を入れた後あまり混ぜないで作りました。少しもっちり、プルンとした舌触りでツヤがあり、たしかにプリン風です。

 

続いてストロベリー味。やさしいストロベリー味のババロアにストロベリーのフルーツソースをかけていただきます。こちらはよく泡立てたムース風。プリン風に作ったバニラ味と比べると、弾力が抑えられしっとりした感じ。どちらもおいしいですが、個人的にはムース風が気に入りました。

 

作り方をご覧いただいても分かる通り本当に簡単なので、小さいお子さんと一緒に作るのもいいいですね。春休み、ちょっとしたおうち時間に『かんてんぱぱ』がおすすめです!
(fujicco)

 

 

-EAT